肝臓と低亜鉛血症

エキスパートに聞く

ワンポイントレクチャー 肝硬変診療における亜鉛の意義

片山 和宏 先生
大阪国際がんセンター副院長
臨床研究センター長 肝胆膵内科
片山 和宏先生

(動画時間:約5分)

テーマ1: 肝硬変とアンモニア代謝
テーマ2: 亜鉛不足と尿素回路の機能低下
テーマ3: 肝硬変診療における亜鉛の重要性

動画

スライド


慢性肝疾患に対する亜鉛補充の意義

吉治 仁志先生
奈良県立医科大学
内科学第三講座 教授
吉治 仁志 先生

(動画時間:約7分)

テーマ1: 肝硬変の重症度と亜鉛不足
テーマ2: 肝硬変患者の窒素代謝異常と亜鉛補充療法の意義
テーマ3: 肝線維化の進展と血清亜鉛濃度

動画

スライド


肝疾患 エキスパートインタビュー

片山 和宏先生
大阪国際がんセンター副院長
臨床研究センター長 肝胆膵内科
片山 和宏 先生

(動画時間:約6分)

Q1. 肝疾患の患者さんではなぜ亜鉛不足になりやすいのですか。
Q2. 亜鉛不足は肝疾患にどのような影響を与えますか。
Q3. 亜鉛不足が高アンモニア血症を引き起こすメカニズムはわかっていますか。
Q4. 肝硬変患者さんのアミノ酸バランスの是正にBCAAを投与することがありますが、アンモニアの代謝に影響はありますか。
Q5. 高アンモニア血症を呈する肝疾患患者さんに対する亜鉛補充療法を行った試験はありますか。
Q6. 肝疾患患者さんでは、亜鉛補充療法をどのタイミングで考慮したら良いですか。
Q7. 肝疾患患者さんに亜鉛補充療法を行う場合、投与量はどのくらいでしょうか。
Q8. 亜鉛補充療法を行う場合の注意点は何でしょうか。
Q9. 肝領域における亜鉛補充療法への今後の期待についてお聞かせください。

動画

TOPへ

TOPへ

低亜鉛血症の医療関係者向けサイト 低亜鉛.jp
アクセスいただきありがとうございます。

注意事項

このサイトは、弊社医療用医薬品を適正にご使用いただくため、医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師など)を対象に情報を提供しています。一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

はい いいえ

患者さま向けサイト「亜鉛で元気」へ

患者さま向けサイト
「亜鉛で元気」へ